自己破産 犬 猫 ペット

自己破産をしても愛犬などのペットなどは手放さなくて大丈夫です

 

こんにちは。借金先輩です。

 

 

自己破産をお考えの方の質問に、『自宅で飼っているペットは持って行かれない?大丈夫?』

 

 

といったのをよく耳にしますが、答えから言いますと、安心してください。大丈夫です。

 

 

よくペットとして飼われているもので代表的なのは『犬、猫、熱帯魚』また『ウサギ、ハムスター、鳥、カメ、は虫類』などもよく飼われていますよね。

 

 

ペットといっても飼い主からしたら家族同様、家族の一員です。自己破産したからってペットは引き上げないのが自然な事ではないでしょうか。

 

 

わたくし管理人も自己破産しました。当時、愛犬がいましたが全然大丈夫でした。

 

 

一応、司法書士の先生には「何歳ですか?お店で買ったんですか?当時、いくらで買われたんですか?」という簡単な質問は受けましたけれど、さほど重要な問題ではない感じでしたね…。

 

 

では20万円を超えると高級なペットでしたらどうなんでしょうか?

 

 

高級なペット、高額なペットという言い方自体おかしいんですけどね、中にはウミガメやフクロウ、大きなオウムなど価値が20万円を余裕で超えるペットを飼われているご家庭もあることでしょう。

 

 

このような高額なペットでも自己破産したときの引き上げ対象にはならないみたいですね。第一、引き上げたとしても保管が大変になりますし、保管中に死んでしまったり可能性もあります。

 

 

ちなみにペットをローンで買ったという場合もありますがどうなるんでしょうか?

 

 

自己破産する時ペットをローンで買っていた場合、持って行かれるのかな?

 

 

この場合はそのローン会社との契約がポイントになってきます。
車やバイクをローンで買った場合をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

 

 

車やバイクの場合、ローンが終わるまではローン会社に所有権があり、ローンが終わった段階で、やっと自分の物になります。

 

 

ちなみにこのことを難しくいうと所有権留保といいます。

 

 

このケースと同じように考えてください。
高額なペットの場合ローン会社に所有権があるわけですから、自己破産をするとその高額なペットは引き上げられることになります。

 

 

が…

 

 

理屈ではそうなんですが実際は引き上げ、持っていかれないケースがほとんどだそうです。
ケースバイケースという事ですね。

 

 

このケースはこちらに主導権はありませんから、弁護士の先生にお願い(お任せ)したほうがベストといえますね。

 

 

 

今回は以上です。

 

ペットといえども家族の一員であることは変わりません。
そのことは基本、法律の世界でも暗黙の了解となっているみたいです…。

 

 

本日はご観覧ありがとうございました。自己破産をはじめ債務整理を考えておられるならぜひ借金問題に強い専門家に相談されてくださいね。思い立ったらまずは勇気を出して無料相談を!

 

 

管理人の借金先輩にご意見、ご質問、ご指摘などございましたらこちらからどしどしお寄せ下さいませ。返信遅くなることもございますが、お気軽にどうぞ。

 

page top