自己破産 借金 取立

借金の取立が止まる(ストップ)するタイミングとは

 

こんにちは。借金先輩です。

 

 

今回は、借金の取立が止まるタイミングは『破産手続開始の決定』が出てからですよ。というお話です。

 

 

お金を借りたのはいいが、どうしても返せない時ってあるものです。
友達に借りても取立とまでは言わなくても「返してくれ」と催促(さいそく)が来ます。

 

 

ましてや消費者金融などからお金を借りて、返さなかったら100%の取立が来ることでしょう。
こういった時に一番やってはいけないことが放置(無視)することです。

 

 

消費者金融の取立が来る前に自分から先に連絡して、支払えない理由や払える日時などを話し相談してみましょう。
相手方も鬼ではないので、払う気のある人の話は聞いてくれますし、あなたにベストな支払い方のアドバイスをしてくれることでしょう。(借金先輩体験談)

 

 

さて何だかんだで取立が来て支払える方はいいのですが、にっちもさっちも、どうにも支払えない場合というのも存在します。
この場合、自己破産を考えるのも選択の一つです。

 

 

わたくし管理人の借金先輩もこの選択をして自己破産しました。

 

 

では自己破産を考えたのはいいが、消費者金融などからの借金の取立が止まる、催促がストップするのはどのタイミングなんでしょうか?

 

 

破産手続開始の決定がでると取立は停止します

 

 

破産手続開始の決定がなされると申立人は破産者となり、消費者金融などの債権者からの取立はストップします。
そして今ある財産の限度で、破産者の債務を精算する破産手続きが始まります。

 

 

しかし破産手続開始の決定がなされた時点で借金がゼロになるわけではありません。
借金をゼロにしてもらうためには免責許可の手続きをしなければなりません。

 

 

借金先輩からのアドバイス

 

 

自己破産を考えた時点で、弁護士の先生や司法書士の先生に相談しに行きます。
そして事故破産をする依頼をします。
私から言えば、依頼して受けてもらった時点で、取立はなくなる説です。

 

 

消費者金融から取立の電話があったとしましょう。
その時にハッキリ言いましょう。
「自己破産を考えていますので、もうお支払できません」

 

 

相手側は
「本当ですか?弁護士事務所は?担当の先生は?」

 

 

といった質問をしてきますので

 

 

「○○弁護士事務所の○○先生にお願いしています。電話番号は○○です」

 

 

と言えば、バッチリです。
消費者金融側は確認の電話をいれるでしょう。
あとはお任せコースです。

 

 

言い方は悪くなりますが、弁護士の先生に依頼した時点で取立はあきらめてしまうんです。
ですから上に書きました『破産手続開始の決定』が出てからです。というのは当然なんですが、

 

 

『破産手続開始の決定』が出る前でも取立はストップさせることができる。
ということですね。プチ裏ワザです。

 

 

破産手続開始の決定がでないときもあります

 

 

悲しいかな破産手続開始の決定がでないときもあるんです。
簡単に言えば裁判所から『申立人は借金など支払える能力がある』と判断された場合です。

 

 

誰でも簡単に自己破産できるもんじゃないということですね。
この場合は自己破産いがいの債務整理をかんがえてみるのもありかもですね。

 

 

本日はご観覧ありがとうございました。自己破産をはじめ債務整理を考えておられるならぜひ借金問題に強い専門家に相談されてくださいね。思い立ったらまずは勇気を出して無料相談を!

 

 

管理人の借金先輩にご意見、ご質問、ご指摘などございましたらこちらからどしどしお寄せ下さいませ。返信遅くなることもございますが、お気軽にどうぞ。

 

page top